ホストファミリーとしてのコロナ対策5点

新型コロナウイルスによる危機感が高まっている現在ですが、私が勤務している会社でも少し前からリモートワーク対策がとられました。普段は会社に出勤してオフィスで仕事していますが、自宅でリモートワークとなると勝手が違いますね。子供達がワーワーギャーギャー騒ぐ中で集中して仕事を行う、というのは大変難しいものです。

さて、一般的な家庭の場合の場合でしたら自分達だけの事を考えて対策をとれば良いですが、私達はホストファミリーですのでステイしている留学生の事も含めて考える必要があります。

そこで、具体的にホストファミリーとしてどんな事を注意喚起したか、また対策しているか、という5点を記載してみようと思います。

1.マスクを手作りして配布した。

現状、日本ではスーパーでマスクを入手するのが難しい状況です。アマゾンや楽天で割高マスクを買う事もできましたが、価格設定がバカらしく我が家においてはそれら使い捨てマスクは購入しませんでした。幸い、マスクのストック(1箱50枚入り)があったのでそれを私自身は用いていました。

ただ、1、2週間前に留学生の一人が「Hospa、マスクありますか?僕が持っているマスクもなくなりました。あれば売ってください。」と言ってたきたのです。私は使い捨てのストックがありましたので、売るのは憚られましたら5枚程無償で分けてあげました。

使い捨てマスクだけだと1回の利用で廃棄をする必要があります。それは今の時期においては勿体ないので、使い捨てマスクの下にガーゼや、布製のシートを入れて使用期間を延ばす方法を伝えました。これで5枚のマスクと言えども2~3週間は持たせられます。

それでもその数週間の間に使い捨てマスクが買えるようになるかどうかは分かりませんでしたので、Hosmaちゃんに頼んで洗えば複数回利用可能なマスクを作成してもらいました。

これらをホームステイ留学生達に配布し、しばらく凌ぐんだぞ!と外出時コロナ対策をしたところです。(マスクを装着しているからと言って、完全にコロナを防げるわけではありません。ですがないよりはマシだと思っています。)

2.手洗いうがいの注意喚起

ホームステイ留学生にマスクの装着をさせるだけでなく、帰宅時には手洗いうがいを促すようにしました。見ていると、10代の留学生の子達は外から帰ってきても気にしないのか、手洗いやうがいをしない事があります。

なのでまずは帰宅時に、「手は洗った?石鹸で手をしっかりと洗うんだよー。手を洗うだけで感染予防に繋がるからねー」と口頭で複数回伝えるようにしました。

普段はそんなに気にしていない彼らも、このコロナが流行っている現在では「あ、そうだった、ソウダッタ」という感じで手洗い場に行って石鹸を用いて念入りに手洗いしている様子が見受けられます。

特にコロナではご年配の方や小さい子供がいる家庭ではより注意する必要があると思っていますので、家族の一員で子供的な部分があるホームステイ留学生だけでなく、実際に小さい子供達がいる我が家ではより気を付けなくてはなりません。

3.日本の速報情報を随時連絡している。

母国であれば、速報ニュースなどが耳に入るだけでもすぐに分かるかもしれません。ですが、日常生活の会話に関しては問題のない留学生達も、TVのニュース番組などの日本語を理解するのは少々難しいようで、一緒にTVを見ていたりしても「これはどういう意味ですか?」と聞いてきたりすることがあります。

恐らく、母国語のアプリや、携帯で自国ニュースを確認したりしていると思われますが、小池百合子都知事が発表したよう「平日はできるだけ自宅で仕事をするように」「夜間の外出は控えること」「週末に不要不急の外出は控えること」などと外出自粛を要請する事などは日本人が分かるようには分からない可能性があります。

その為、Hospaとしてはコロナに関して日本国内における入った速報や、ニュースは彼らにlineや口頭で随時伝えるようにしています。これも、口頭の際、最初は日本語で話して伝えて、相手が理解していないようであれば英語で再度伝えるようにしています。またこれら緊急速報等ニュースをlineなどで送る際は打つ手間が大変なのと、大事な事なので英語の方が理解が早い子には英語で送るようにしています。

ちなみに、うちのホームステイ留学生に現状を伝えた所、「日本人はこんな状況なのに桜(花見)、行ってるから危機感ないよ」みたいな鋭い指摘をされました(汗)

4.外出しないように注意喚起している。

これはコロナが流行り始めて都内では「夜の飲食も自粛を始めたほうが良いな」という雰囲気がでてきた位の少し前の話です。

日本人は仕事が終わればすぐに帰宅しよう、というムードでしたが、外国からきているホームステイ留学生達は「よし!週末だ!!こんな時こそ外を見てみたい!!!」という、なんでしょうか、怖いもの見たさがあるのか夜の繁華街に消えていく事がありました。

彼らが外に出て色んな人と接触し、コロナウイルスをどこで持ち帰るか分かりません。

なのでこれは彼ら自身、そして私達ホストファミリーと双方の身を護る事も考えて、「現状においては不要な外出や、週末に人が多くいる場所は控えるようにしてね」と東京都知事が発表するよりも前に、ホストファミリーから留学生達に外出自粛要請をしていました。

功を奏しているのかは分かりませんが、今のところ、我が家は皆、元気にしています。

5.栄養面からも体力をつけさせる

体力が弱まっているとよくないので、我が家では食事面に配慮するようにしました。

日本食だと色々な品目が入ったご飯で、野菜なども出ますが、留学生によっては肉だけしか食べず、野菜は毎回残すような子がいます。

それでも生きられているので良いのでしょうが、今においては栄養のバランスも大事です。

その為、Hosmaちゃんに頼んで身体に優しく、そして栄養面でも普段より少し気をつけた食べやすい食事のラインナップを出すようにしてもらっています。

どこまでこのコロナとの闘いが続くのかは分かりませんが、栄養、睡眠、休養しっかりととってこれを読んでいる方もそれぞれ対策をとって乗り越えていきましょう!

Hospa

2020年3月

1件のコメント

  1. […] ※This is a translation of Hospa’s article, “ホストファミリーとしてのコロナ対策5点” translated into English and made into konjac miso flavor.  Jokes aside, please.(これはHospa君が書いた記事『ホストファミリーとしてのコロナ対策5点』を英語に翻訳蒟蒻お味噌味に仕立てたものです。冗談はさておき、どうぞ。) […]

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中