ホームステイ留学生の入試合格と進学(Hosma編)

今日はめでたい日です。

あるフランス人留学生。
彼の日本語学校の卒業と専門学校への進学が決まりました。それを祝して、今日は彼のことをつらつらと書きます。

彼が初めて日本に留学して来たのは私達家族がホストファミリーを始めて間もない頃。

今でもよく覚えています。
私はホストマザーとして慣れていなく、日本語を話せない相手に対してどういう態度で過ごしたらいいかわかりませんでした。
頼みの綱は英語で話せるHospa。なのに彼の受け入れ日、Hospaは仕事で不在でした。

どないせえっちゅーねん!(ノ ゚Д゚)ノ === = ┻━━┻

私はフランス語が話せなくて、留学生は日本語が話せない。全く言葉が交わせない。話しかけても…沈黙。

当時彼は苛ついていることが多いように見えたし、私のことを避けていたように思います。
今にして思えば、緊張と言葉が通じないストレスだったのでしょう。

ただ、当時の私はそこに考えが至らず話しかけても返ってこない沈黙がただただ恐怖でした。顔を合わさざるをえない夕食の時間が毎日不安でした。
彼もそうだったのでしょう。夕食を食べ終えると毎日逃げるように部屋に戻っていました。

今なら「たぶん私が何言ってるかわからないよね。でも私は日本語でしか話せないし、ここ日本だし、あなた日本語学びにきてるんだもんね。だからわからないかもしれないけど、日本語で話しかけるね。」と思えるのに。

留学期間を終えた彼は本国へ戻りました。コミュニケーションはほとんどとれませんでした。

去年彼は再び日本にきました。
来日前、また我が家にステイしたいと話があったと聞いた時は驚きました。私は決して良いホストマザーではなかったから。彼との縁をつなぎとめたのはHospa君の力です。

再会後の彼は、同じ見た目の別人でした。

なぜなら、彼の方から話しかけてくる。カタコトだけど話してる。あんま分かってないなコリャって内容でも、彼なりの言葉で返事をくれる。すごい!!日本にいない間の努力が目に見えるようでした。

私は彼のことを消極的で内向的な人だと思っていましたが全く違いました。本当の彼はとても愛情深く情熱を持った人でした。

彼は日本で更に研鑽を続け、この春から専門学校に通えるようにもなりしました。これを祝わずにはいられないでしょう。ステイした留学生達がどんどん成功していくのを見ると嬉しくてたまりません。

『ホストファミリーしてて良かったこと』に加えたい出来事でした。

Hosma

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中