ホストファミリーとクリスマスプレゼント(2017ver)

日本の商業文化って、ある意味素晴らしくないですか? 日本では海外で流行ってきたな系があるとすぐさま取り込み、日本風土に合うようにカイゼンします。

 

ども、10月末でハロウィンが終わったら12月25日に向けてすぐクリスマスツリーをリビングに飾った日本人らしいHospaです。今日はそんなホストファミリーとしてのクリスマスプレゼントに関する記事をupします。

 

仕事仲間からもちらほら、うちのクリスマスツリーはこんなんだー、コストコでツリー買っただの、IKEAだと買ったらシーズン過ぎたら買い取り可能だとか、今年のうちの飾りつけのこだわりはコレダ!などの話題が出つつあります。

 

多分、我が家はいくつかbed roomがあるので他のTokyoにおける一般家庭からしたらちょっとは広い家に住めているのかもしれませんが、でも海外のようにだだっ広い家ではありません。シャワールームだってブラジリアン留学生のラブリ君のように3つもありません。トイレは二つです。極々、一般的な東京都内における戸建住宅のおうちです。

 

そんな我が家ですが、リビングに飾ってあるクリスマスツリーは某ドンキホーテで購入したイミテのもので、大変助かるワンコインショップで購入したクリスマスデコレーションなんかでピラッヒラーッと飾りつけてます。

 

これが我が家のクリスマスツリーだッ!(約150cm)(2016年ver)↓

クリスマスツリー

 

 

そしてちょっぴり進化した↓

(2017年ver)

クリスマスツリー

 

 

パパサンタ会とサンタの実態

以前、Hospa繋がりで、クリスマスシーズンにはプレゼント金額の上限を定めて、お互いの子供達にプレゼントを贈りあう習慣を持っていました。温かい交流です。人と人の繋がりってスバラシイ!

 

ですが、ある友達が夫婦別々の道を歩み決断をしてしまってから、察して何も言わずにその良しき年末の慣例はなくなってしまいました。(涙)最近は簡単に離れてしまう夫婦が多いらしいですよね。悲しいものです。

 

Hospaはなるたけ幸せに生きたい気持ちが強いので、Hosmaちゃんと「むむむ、大変であるぞ」と正直思う事があっても積極的に朝の子供達の起こし、朝食やり、着替え、体温測り、歯ブラシ、洗濯物の回しに、食洗機で乾燥されたものはしまい、食器洗いと片付け、そして家でのチビーズのKUMON見なんかの自分なりにできる家庭内でできる範囲のできる事はすることにしています。

 

それでも、多分Hosmaちゃんからしたらきっと足りていないでしょう。一度、家庭内における家事リストを作成して、誰が何をやって、どのように改善を加えていくか?(家事時間を減らすか)という提案をHosmaちゃんにした事があるのですが、「それってなんか息苦しい」の一蹴でした。

 

以前、我が家にタイからきた富裕層留学生達の家のように本当に、我が家にも家事をサポートしてくれるお手伝いさんがいたら良いなぁとは思います。ただ、そんな贅沢をできる身分ではありません。

 

いやいや、それでも思うに考えようによっては一般家庭では親二人で子供二人なんてケースでは、1子供に対して1親で面倒みている訳です。我が家のホームステイ留学生達がたまにKUMONを見てくれたりHospa,Hosmaが家庭内事をやる時に子供達の面倒を見てくれています。

 

なので1子供に対して複数人の大人が絡むという点において、保育は大分楽になっているという見方もできるのですが、反面、ホームステイ留学生達は大きな身体した子供って部分もあるので一概に楽だとは言えないこともあるんですね。

 

話戻ってパパサンタ会なのですが、お互い送りあったプレゼントに関してですが、うちはもらったプレゼントをそのドンキホーテクリスマスツリーの下に置いて子供達にクリスマスの日がくるのを楽しみにさせていました。

 

あ、Hospaが幼少時には寝てると夜にはサンタがやはり来てくれましたよ。ただ、Hospa式サンタの教えは1970年代、80年代とは違います。こうです。

 

「サンタクロースは確かにいる。本当にいる。絶対にいる。手紙を出したら、返ってくるぞ。そういうサービスもあるから保証すり。やりたいならばやらしてあげる。だけど、うちではパパがサンタだ。パパサンタなのだ。クリスマス方式フランチャイズなのだ。だから、パパに希望のプレゼントを言いなさい。クリスマスツリーの下に置いておくから。それは12月25日に開けてヨシッ!」方式をとっています。

 

なぜかというとですね、Hospaが子供の頃のある時、家族で車でどこに向かう途中だったと思います。我が父に「今まで黙っていてすまん。実は、サンタクロールはいない。プレゼントはパパが買っておいて置いたんだ。サンタがいるのはうそぴょん」という衝撃の告白に涙した事があるからです! あの時は大変ショックで車の中でエンエ~ンと延々に泣き続けた事を覚えています。

 

だからうちのチビーズには、最初からそんな衝撃ショック体験は与えたくないので、サンタはいるけど、プレゼントはパパサンタが用意するもんで、確かにサンタはソリにもトナカイにもひきずってもらう事はあるだろうけど、空は飛ばないし、各家庭にはサンタフランチャイズ形式でしかプレゼントは回らない、という事をしっかりと教えています。

で、ホームステイの子たちがいる状況でのホストファミリー式クリスマスプレゼント

今年はホームステイ留学生には何が良いかなーと考えて考えて、考えて寝て、思いつきました。そうだ、京都移行!の旅行ではないですが、そうです「京都移行」宜しく、四文字熟語です。

 

彼らは日本に日本文化と日本語を学びにきている。ならば、彼らの日本語能力を助けてあげられるプレゼントならば猶更良いのではないか。物質的に豊かなお互いの国同士、下手に要らないプレゼントなんかより、彼らの飛躍に一躍買う本なんてどうでしょ。

 

そして、彼らに楽天ブックスからそれぞれの日本語能力に合わせた、マンガが好きな子にはマンガ方式の、インテリジェントになりたいと思っている彼にはインテリジェントになれる風の、日本古式のキャラクターを希望するであろう彼には彼の、それぞれにクリスマスプレゼントを用意しました。

 

(もちろん、チビーズとHosmaちゃんにもプレゼントは用意済み。パパサンタは抜かりありますけど、こういう所はしっかりやります!)

 

あとは12月25日、約1か月ちょっと後ですが、皆でクリスマスプレゼントを開けあうのが楽しみです。いやー他の人には用意周到にクリプレしっかり用意しましたが、自分自身の事は後の後でした。

 

うーむ、強いていうなれば、Hospaはウイスキーが好きですよ、Hosmaちゃん(笑)

 

Hospa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中