留学生よ、そんな装備で大丈夫か?いや、ダメだろ。

どうも。 動きが雑な上についうっかりが多いHosmaです。担々麺を食べると服が惨事になります。

Hospa君の書いた『ホームステイ留学生と洗濯』(Hospa君リンクを…リンクを貼ってください汗)[←張りました!任務完了!!]を読んで、昔Hospa君に ジーンズを洗わない人間がいる と教えてもらった時の驚きを思い出しました。彼らはミートソースやカレーうどんをどうやってやり過ごしているのでしょうか。

さて、今年は寒くなるのが急だったので衣替えが間に合ってなかったのですが、なんとか今の気温に合った服をひっぱりだしてこれました。例年なら
半袖→長袖→長袖+上着

の流れだったのに今年は

半袖→長袖+上着

の気温変化だったので、寒い思いをしました。寒いの大嫌いなのに…(>_<)

 

そんな中なのにこども達は元気です。ねる前に上半身裸になっていることすらあります。寝ている子供は布団をかけてもかけても抜け出していく、というのは育児あるあるです。大人にとっての適温は彼らにはまま暑いようです。こども達は37.5℃まで平熱となっていますし、熱量がちがうのでしょうね。昔は冬でも短パンの男の子がいましたが、今でもいるんでしょうか。

 

などとつらつら考えておりましたが、短パンではないものの、いまだ半袖の人間がいました。我が家の大きい子供達、留学生です。家の中とはいえ10月の下旬ともなれば、半袖では寒いと思うのです。なのに彼らは普通の顔してTシャツ姿。げせぬ。

 

本人達は平気なようですが、見ているこっちは心配になります。「寒くないの?」と聞いても返ってくるのは「ダイジョブ」。そりゃダイジョブじゃなかったら着てますものね。

 

まぁ、西洋人は体温高そうなイメージはあります。冬なのに半袖のガイジンサンたまーにいますもんね。…でも以前いた香港人の彼もこの時期半袖だったー!!洋の東西問わず留学生達は冬以外は半袖がデフォ説浮上!? (((;・д・)))

 

我が家のリビングが常夏なわけではありませんよ?今は長袖で快適な空間設定です。単純に筋肉量ですかねぇ。10~20代男性と考えればエネルギッシュでもおかしくはないですけど。

 

そんな彼らですが、たまには風邪もひきます。
たいていの子は自国から薬を持ってきています。風邪薬、頭痛の薬、お腹の薬などなど。日本語学校のホームステイコーディネーターさんからは「家庭の常備薬はあげないように」と注意がありました。自分で医者なり薬局なりに行って買うよう指示して下さいとのこと。その時に留学生が困っているようであればお手伝いしてあげてくれると助かりますとも言われています。

 

辛いか辛くないか、仕事に行くか行かないかは別として、日本だと37.0℃から発熱ととらえるのではないかと思うのですが、今いるフランス人留学生は「37℃、熱じゃない」と言っておりました。

 

Hosmaの平熱は36℃半ば。37℃ある時は暑いなと感じることを考えると、彼らと寒さの感じ方に差があるのは妥当という結論に至ったのです。

 

Hosma

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中