家計を圧迫しないアクティビティ with 留学生達

 

ホストファミリーになると、時にホームステイ留学生と共にアクティビティを楽しみます。ですがそれが家計の負担になってしまい、ホストファミリーの継続ができなくなってしまうような事があれば本末転倒です。

 

なので、今日はコストのなるべくかからず、そしてホストファミリーとホームステイ留学生が共に楽しめるアクティビティをご紹介します。

 

まず最初にですが、自宅のポストに時々地元の情報誌などが入ってきませんか?
〇〇区報などのようなものです。または、「ぱど」などのフリーペーパーが入ってくることもあるかと思います。

 

それを見てみるとタウンニュースと共に、様々な地元で体験会やイベントの詳細が記載されており、またその参加費は商業系のものよりだいぶお安くなっています。場合によっては無料のものもありますね。

 

ホームステイ留学生が成人の場合、日本の製品の工場見学や、場合によってはビール工場、酒蔵見学、ワイナリーなどを回ってみるのはホストファミリー、留学生共に関心を持って回れるアクティビティです。ビール工場などでは試飲もできるので、出来立てほやほやを飲めるのは一興です。

 

ちなみにHospaはチーズ工場などに行った事がありますが、見学会が終わった後に頂いた出来立てのトロトロチーズ一かけらは「こんなに美味いチーズは初めて食べた!」と思う程衝撃を受けた事があります。

 

自宅付近に大きな公園などがあれば、そこで共に留学生の好きなスポーツをするのも良いですね。サッカー、バスケ、ランニング、バドミントン、テニスなど。最初のスポーツ用品だけ購入してしまえば、あとはホームステイ留学生との趣味が合えば定期的に楽しめます。

 

ちなみに、我が家ではホームステイ留学生を誘って定期的にフットサルをやっています。公園で同じくサッカーをしている小学生、中学生などに声をかけて、簡易ゴールとコートを設置し、即席ミニゲームなどをしたりしています。共に汗をかくと、連帯感が生まれて良いですよ!

 

私のランニングに「一緒に走りたい」とついてきた子もいましたが、私のエクササイ目的で走りたいスピードと、彼の走るスピードが異なった時は困ったのを思い出しました。同じくらいのスキルをもっている事も大事ですね。

 

※スポーツを終えて、一緒に帰宅すると汗を流すシャワー時間が被ってしまうので、そのまま銭湯などに連れて行ってあげるのも日本文化を教えて手です。着替えと事前に日本のお風呂文化を伝えるのを忘れずに!

 

またちょっと足を延ばして代々木公園などでは定期的にフェアも行っていますし、ここを散歩するのも面白いですよね。特にリーゼントスタイルで有名なロカビリー・ローラー族などはホームステイ留学生にも関心を持って見てもらえるでしょう。

 

時にホストファミリー宅にお子さんがいる場合には、父兄参観日に留学生を連れて行ってあげるのも良いかもしれません。我が家はまだ小さいチビーズですが、それでも運動会や父兄に対してのオープンクラスの参加などは、自国のやりかたと日本のクラスの進め方を比べる良い体験提供になると思います。

 

お祭りや、バザーも良いかもしれません。縁日も良いですが町内会のお祭りなどは大変良心価格だったりするので、これも助かります。さらに海外では自宅ガレージを開放してプライベートバザー(ガレッジセール)などをやりますが、その日本版であるバザーなども良い経験提供ですね。彼らに日本語を利用して価格交渉をさせる良いきっかけにもなります。

 

ちょっとアンテナを広げてみると日常生活にプラスしたアクティビティがあるものですね。
こういう機会を利用して、ホームステイ留学生と交流の時を深めてみてください。

 

Hospa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中