ホストファミリーをやってて、ちょっと良いこと三つ(Hosma編)

以前Hospa君が『ホストファミリーをやってて、ちょっと良いこと三つとさらに! (Hospa編)』をお届けしましたが、今日はHosma編をお届けしたいと思います。

ホストファミリーを始める前は、始めたらこんなことあるだろうね、あんなことあるだろうね、とHospa君と色々話していました。多くは子供達に対して良い影響があるんじゃないかということ。

子供達は外国語、外国人に忌避感を抱かずに済むだろうとか、初対面の人間にも過剰に緊張しなくて済むようになるのではないだろうかとかそういったことです。まあ、 その頃の私は、後々本当にホストファミリーになるとは思っていなかったわけですが。

対照実験をしたわけではないので、ホストファミリーをしていることで子供達に変化があるのか(あったのか)実際にはわかりません。でも留学生を受け入れていて良かったなと感じる場面がちゃんとあります

その1.子供達に勉強の習慣がついた

うちでは子供を公文に通わせています。週2日教室に通い、他の日は出ている宿題を自宅でやることになっています。子供にとっては遊んだりテレビを見る事の方が魅力的で、始めるまでが難関だったりします。

なかなかやり始めないでぐずぐずすることも多かったのですが、夕食後ある留学生がノートをもってリビングで勉強し始めたことがありました。するとうちの子も「一緒にやりたーい」と自主的に机に向かうようになりました。

子供は周りの人間の真似をします。親として隣に座って勉強する姿を見せてあげていなかったことを教えられました。子供への関わり方として「勉強しなさいと言うだけ」というのはあまり効果がないそうですね。そばについていたり、やり終えたことを確認したり、時間だったり手間だったりをかけてあげた方が効果的だそうです。

子供に足し算を教えてくれた日本語の達者なオランダ人留学生もいました。当時3歳だった長男に「+1」から根気強く順番に教えてくれました。教え方が上手で「コレムズカシイ。デキナイ?」と煽ったあと、長男がちゃんと答えられたら「スゴーイ!」と誉めてくれるものだから長男は凄く嬉しそう。楽しく学んでいました。

その2.寂しくない

これは子供達もそうだと思いますが、大人(私)にもありがたい時があるんです。 以前Hospa君がとてもとても忙しい時期があり、その時はほぼワンオペ育児だったので心が荒んだりもしたものです。 ずーっと忙しいなと思ってバタバタしていると、ある時とても虚しくなり心がスカスカになった気持ちになります。どんよりどよどよです。

そんな時留学生の存在は助けになりました。留学生は時にキッチンにまで話しに来ます。私に取っては日常ですが、彼らは留学中であり日本での生活は非日常。短期の子は特にテンション高めだったりします。若さのせいでしょうか。

「今日はどこどこに行ったよ」「何々を食べたよ」等、私が料理している横で楽しそうに話しかけてきます。そんな話を聞いてると元気をもらえます。いつの間にか私もつられて楽しい気持ちになるので不思議です。

余談ですが、そういうテンション高めのお話し好きな子の方はやはり日本語上達が早い気がします。

その3.興味がわくようになる

普段テレビでニュースの時間になっても何かをしながら聞いているだけのことが多く、ほとんどの情報は右から左に流れていってしまいます。でも留学生がうちにくるようになってからは外国が「私に関係のないもの」から「あの留学生の国」となり私のアンテナに度々引っかかってくるようになりました。

フランスでオリンピック開催が決まれば「フランスのあの子が住んでいたのはオリンピック開催地域の近くかな?」とか、天皇がタイを訪問と聞けば「あの子の家の近くは野犬がいるっていっていたけど、流石に天皇が行くようなところにはいないでしょうね」とか。

それと、日常で見逃しているようなことにも気がむくようになりました。それまでだったらふーんと流してしまうような浅草のサンバカーニバルの貼り紙も「ブラジルからの留学生フラブリ君に教えてあげよう!」(フラブリ君に関して、この記事に書いてあります。)となりますし、通り沿いにある地域の資料館、入ったことないけどせっかくだから留学生と一緒に行ってみようよとか色々興味がわいてくるようになりました。

特別篇:子供達の面倒をみてくれる

これはHospa君も番外編として書いていましたが、本当にありがたいのです。

主に夕食後、子供達が留学生の膝にのるところから始まり、留学生の携帯を見せてもらったりなんだりしているうちに、いつの間にかリビングでカメハメハーが炸裂しまくっています。カオスなリビング。みな子供達とよく遊んでくれます。

ホームステイ留学生を斡旋してくれるコーディネーターさんにはうちに小さな子供がいることを伝えてあるので、子供達に抵抗のない留学生と我が家をマッチングして下さっているのだと思います。聞いてみると弟や妹がいるよって子が多かったです。

この貴重な時間に夕食の後片付けや明日の保育園準備などをしています。「かめはめ波ー」の叫び声やら、ビショパポーンごっこ、「跳ねるポケモン、コイキング~」と歌うホームステイ留学生のおかげで今日も我が家は回っています。

Hosma

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中