ホームステイ留学生に持たせたモノ、持ってきてくれたモノ

日本に長期滞在しているホームステイ留学生は、学校の春夏秋冬休み、年末年始休みとちょっと長い休みに入ることがあります。

自国に一時帰国する子もいれば、そのまま日本でずっと滞在し朝から晩まで自宅で集中して勉強する子、ここぞとばかりに遊んで昼夜逆転する子、日本の観光名所にショートトリップに出る子など様々です。

ホームステイ留学生が母国に一時帰国した

子供達もべったりの我が家に長期ステイしているフランス人留学生が、9月中旬に日本語学校の中期休みを利用して一時帰国で自国に戻りました。

一応、「両親に会うため」「日本の彼女を紹介する為(という事で彼女さんも彼と一緒にフランスへ行きました)」「妹の誕生日を祝う為」という事でしたので、日本の彼女を自分の両親に紹介するなんて、もう将来は結婚コースだね!などと振ると「そんなことはない(*>ω<)」との事。

未来の事は分かりませんが、将来のいつか彼らが結婚式を日本で挙げたら、その結婚式には是非招待して欲しいな、心から祝いたいと思っているHospaです。

ただフランスの彼も良い年ごろとはいえ、母国ではバリバリ働いていたのでしょうが日本では今のステータスはまだ学生、彼女さんはこれから社会人になる身、うまい距離の取り方をとってお互いに良い関係を築いて欲しいと30代にして老婆心ながら思っています。

ホームステイ留学生に持たせたモノ

妹さんが誕生日でそれを祝いに戻るという粋な事をする兄貴ですので、そのホームステイ留学生の良いお年頃の妹さんに折角ですからアタクシもお土産を何かしら持たせてやろうと、日本橋にナニか良いモノを探しに行きまして。

さて、実際に行ってからナニを買うか決めようと思っていたら、何を買おうか以外と考えちゃうものですね。日本の漆塗りのお箸や食器ったって、日本人やアジア圏でこそ箸は使うけど西洋じゃそうそう毎日使わない。食器もワンセットじゃ物足らずかもしれません。

日本のちょっと良いおもたせお味噌や、アタクシの大好きな久原本家 茅乃舎(かやのや)の調味料だって、説明が日本語で書いてあるものじゃどうやって用いるの?って使われずそのまま忘れ去られてしまう事もあるかもしれません。猶更、二十代の良いフランスお姉さんに箸や食調味料、っていうのは色気がない。

スイーツならいいかしら、ってんで日本のちょこれーとやら、はたまた日本らしさを感じられる香水なんかも考えましたらチョコも香りも向こうが本場でしょうし品質は場合によっちゃ数段上、また妹さんがダイエットしてたり、自分の好きな香りがあったら見向きもされない。

仕方ないってんで考えた末、スカーフみたいに利用するにはちょっと大きいかもしれないけれども旅行鞄に巻き付ける目印変わりにでも使ってもらえれば、と日本の観光名所絵柄の風呂敷と、その使い方が分かる説明書(英語版)もセットにして彼に持たせました。

親後さんには私の好きな、冷凍庫でしっかり冷やすとキリっとしてキューッとうまい某日本酒
(eight seas moutain)を用意し、「あなたの大切な息子さんを、こちらで日本の親代わりのアタクシ達がしっかりとケアさせて頂いてますよ」という気持ちと共に手土産をもって行ってもらいました。

ホームステイ留学生がホストファミリーへもってきてくれたモノ

そんな彼、フランス帰国を終えて日本の第二の家である我が家に帰ってきましてね。やっぱ人が多いと家がワイワイガヤガヤして賑やかで華があるってもんです。久しぶりに戻った母国はどうだったかい?連れて行った彼女に対する両親は驚いていたのかい?なんて色々と矢継ぎ早に質問してました。

そんな彼、フランスから我が家に今度はお土産を持ってきてくれましてね、ホームステイ
留学生の受入れをしていて嬉しい事の一つっていうのが、その子の国のお土産をもらう、
ってことでもあります。

特にHosmaと私は海外の珍しいものや、食べる事が大好きなので、日本では買えないような食材、食品、スイーツなんかには目がありません。インターネットが発達した現代とは言え、実際にその場に行かないと買えないものっていうのも今だに沢山あるものです。

彼からのお土産はワインにシャンパン、隣国スイスのシナモンロール、ヌガーにチョコレート、そして製造して間もないfreshチーズ!それも結構な量があります。(それらが冒頭の写真です)

一度に一遍にスイーツ食べちゃうとシュガーハイになってしまうので、子供達へあげるチョコレートなんかは少しずつですけど、私も一つ頂いてみました。調合か使っている材料が違うのか、なんだか海外のチョコレート一つとっても味が微妙に日本チョコとは違ったりします。

またチーズも一つ一つのサイズが大きくて、一般家庭でしたらこれは全部食べ切るのには
どんだけかかるんだ?という量かもしれませんが、食べるの大好き、そして複数人の留学生と
共に生活している我が家では結構サラっとなくなります。

お土産って送る方も相手が喜ぶのを考えたら嬉しくなりますし、頂いても気持ちが入ったものだと心が温かくなります。ホームステイ留学生達に対して、こういうお土産持参の強要なんて無粋な事ぁ、勿論絶対にしていませんよ。

ですがこちらが相手の事を想って心を形にしたものを持たせ、向こうも気を遣って私達が喜ぶようなお土産をもってきてくれるコミュニケーション、じーんとするものがあります。これもホストファミリーの副産物的な嬉しさ、人と人の繋がりが感じられる一瞬です。

Hosfa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中