ホームステイを受け入れる部屋は、どのようにすれば良いですか?

ホームステイを受け入れる、という事はやはり第三者を自宅に招き入れて生活する、って事なのでそれ相当の準備が必要になります。でもこれ、すっごく簡単なんです。いやむしろ、これだけ?って感じです。

ホームステイ受入れ部屋に必要な三種の神器はコレだ!

その1.寝具
寝食を共にするにあたり、食に関してはリビングで食卓を共にすれば良いので、受け入れる子の席次が足りないという事がなければ新たに用意する必要はないでしょう。

これで食はokなのですが、ただしその新たにホームステイ留学生を受け入れるにあたって、その子が眠れる快適寝具を用意する必要はあります。別に特段良質な寝具でなくて良いと思います。むしろベッドでなくても、日本式の寝具、THE布団でも十分です。郷に入りては郷に従え、日本の場合は布団です。

といいつつ我が家のケースでは複数のベッドルームがあり、少し大きめの部屋ではベッドを設置しています(汗) このベッド購入時に気を付けたのは、ベッドの頭ヘッド付近にちょっとした物を置けるスペースとコンセントがついている事でした。

やはり現代においては携帯は必須ですし、寝酒ならぬ寝スマホをする事は多々あると思います。寝床頭部に携帯充電ができるコンセントがあるかない、それだけで快適性が火星とスッポン位違うと思います。携帯充電ができる頭部コンセント、そして小物置き可能スペース、何気に大事です。(おいおい、ここに画像を入れられたらな、と)

また少しでも収納スペースを確保する為にベッド下に収納スペースがタイプのベッドを買いました。自然豊かな場所ならいざしらず、海外と比べて日本の家ってそんなに大きくないじゃないですか。ちょっとした空間でも収納として使えるならば良いですよね。ベッド下の空間でも有効活用しましょう!

それからマットレスですけど、これはちょっと良いものを選びました。睡眠というのは一日24時間の中で睡眠の時間は1/4~1/3を占めます。

やはりその間に活動を頑張った身体をしっかり休ませられた方がホームステイ留学生にとっても良いよね、という心ばかりの配慮です。(自分が使っている寝具より良いものをホームステイ留学生は使っている事を、彼らは知らないでしょう)

その2.勉強机

日本に勉強をしにくる留学生がメインですので、彼らが学校で出た宿題や、自主的に勉強ができる勉強机を用意してあげるのは必須です。勿論、それに伴いイスとデスクランプも用意してあげますよ?

私はこの勉強机を用意した時に気をつけた事は、大きすぎず小さすぎずである事です。
大企業の会社代表のようなデーンとした社長机みたいな大きなデスクは勿論必要ないですし、部屋にも大きすぎます。

かといって小さすぎの机もノートと教科書を置いてはみ出てしまう、というのでは勉強が進まず学力が上がらず、ドンになってしまい困りますが、ノートと教科書と筆記用具とデスクランプなどを置いても少し余裕がある位の勉強机であれば十分でしょう。それ以上は望まないでください。

それから、その勉強机購入時には引き出しが既存でついているものを意識して購入しました。引き出しがついてなくても東急ハンズなどで机の下に引き出しを設置できるキットが売っているのを見たことがあります。これもこれで大変便利だとは思います。(ここにも画像を入れたい。)

ただ、私の知る限りではこのタイプは編み目があって小さいものはその引き出しから落ちてしまうので消しゴムやシャーペンなどを投げ入れることができないですし、新たに設置するのでは面倒くさいので既存のものを購入した、という正直な経緯もあります。(笑)

その3.エアコン

日本の四季って素敵ですよね。これがあるから日本の良さをより感じられます。勿論、他国でも四季はありますけど、春夏秋冬って日本の四字熟語には魅力を感じます。

ですが実際問題日本で日常生活をするにあたり、エアコンのない真夏の部屋で窓から直射日光を浴びたりしていると、額から汗が吹き出してきますよね?

勉強する気がおきていたにも関わらず、熱気ムンムンだと「あー、ちょい前までやる気だったのに、太陽光ギンギンのせいでもうヤル気削がれたー」ってなる可能性もありますよね?特に十代や二十代なんかは顕著だと思います。

日本の学校に勉強しにきているホームステイ留学生などは、勉強しにきています。そのやる気を折角ですから削がないであげましょう。空気調整ができるエアコンって大事です。

夏は夏で熱いのですが、冬は冬で寒いのはHosmaも嫌いです。そして寒いと、勉強ノートに文字を書いても腕が振るえて蛇文字のようになりませんか?ブルブル(((( ;゚Д゚)))

まぁ東北地方、北海道などでないとそんな事はないのかもしれませんが、いや、現代においては東北北海道でもそんな事はないでしょうが、ここ東京でも冬はやっぱり寒いのです。

そんな時に部屋にいたらブルーになってしまいますよね。折角日本に来たホームステイ留学生達に嫌な思いはさせたくないです。

温かくしてあげましょう。心も温めてあげましょう!けれどもガスコンロや電気コンロ、灯油暖炉なんかは使わせるのがなーんか心配です。

彼ら、スイッチオフとかあまり気にしませんから。そこで!エアコンです。エアコンならばスイッチオフをし忘れられても、痛いのはうちの家計だけです。心配いりません。ホームステイ留学生の多少の快適の為には、やはり多少の痛手も仕方ありません。

とまあ、ホームステイ留学生を受け入れるにあたっての三種の神器でした。

勿論、他にも用意した方が良いものは勿論ありますが、とりあえずは『寝具』『勉強机』『エアコン』とこれだけです。簡単じゃないですか?あれこれと難しいと、受入れのハードルも上がってしまいます。まずは最低限の「お・も・て・な・し」から初めてみても大丈夫だと思いますよ。

Hospa

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中