ホストファミリーの食事とは

どうも。お腹がすいてると不幸な気分になるHosmaです。子供たちには満足するだけ食べさせてあげたいですよねぇ。食べすぎは肥満の素なので加減はします。幼い子供の肥満は親の責任!

 

今日は我が家の料理番である私が我が家の食事についてお話ししたいと思います。

 

私は仕事の関係で朝が早く5時には家を出ます。当然誰とも朝食を共にしません。代わってHospa君ですが、朝は食べない派です。なので我が家では「朝ご飯の時間ですよー!起きて下さーい!」とはやりません。

 

朝ご飯は用意して冷蔵庫に置いておくから自分たちで食べてねスタイルです。留学生達は8時頃に食べている子もいればもう昼食じゃないのって時間に食べている子もいます。学校の授業まではゆっくり寝ている子が多いようです。学生の頃なんて朝は寝ていられるだけ寝ていたいですものね。

 

うちの子供達は7時~8時頃に朝ご飯を食べます。朝はかんたんな丼(ご飯におかずをのせただけ)かシリアルやパンやお茶漬けです。手の込んだものは作っていません。

 

平日の昼はホストファミリーが用意する必要はありません。留学先の国で外食するのは何を食べようかなと考える段階から楽しいですし、日本の文化を知る上で大切なひとときとなります。

 

土日のお昼の有無は学校からの指定と留学生とのホームステイ契約次第ですが、私が土曜日も仕事なので必要な子には『お昼も作っておくので食べてね』スタイルになってます。

 

我が家で1日の中で一番ウエイトのある食事は夕食です。ダイエットには昼に多く食べて夜は軽くの方が良いとか言われているようですが、まぁたぶん多くのご家庭では夕食が一番品数があったり量がしっかりしてたりするんじゃないかなと思います。朝昼はテキトーでも夕食くらいちゃんとしたの用意してあげないといけない気がしています。

 

でも毎日作るのはけっこう大変です。夕食時間は19時前後設定なので私のだいたいの帰宅時間の18時からだと夕食時間までが短く少しプレッシャーを感じています。でもチビーズ(子供達)がまだ小さいしこれ以上食事開始時間を遅らせたくない!!と、一時間で急いで買い物して時に公文に連れて行きご飯セットしておかずと味噌汁用意して…って毎日やってたら疲れちゃいました  _(_^_)_

 

私の実家では外食はほぼなく、母が一から手作りしてくれる家庭だったので、レトルトや半調理食材を使うのにも抵抗があり買ってきた惣菜を出すなんてアリエナイ!!!と思っていたのですが、今はそうも言ってはいられません。もう疲れちゃうんですもの。

 

揚げるだけとか焼くだけとか肉とキャベツだけあればすぐできる!とか、そういったものも活用するようになりました。始めは抵抗があったのですが帰宅後のご飯作りがだいぶ楽になりました。できる限り自分で作ろうとは思ってますが忙しい時や気持ちが切れそうなときには、共働きホストマザーの心強い味方です。

 

日本人はきちんと料理する人が多いですけど作れない時は 「これ(総菜とか冷凍食品とかレトルト食品とか)食べて!」とかでも大丈夫ですよとホームステイコーディネーターの方も仰ってました。留学生がいると毎日ちゃんとやらなきゃみたいなプレッシャーを感じますが、どこの学校のコーディネーターさんも無理しないで大丈夫ですよのスタンス。

 

「夕食を共にしない場合なら1000円くらい渡してあげてください」とか、「冷凍食品でもいいからとりあえずなにか用意して頂いて金銭のやりとりはしないでください」とかケースバイケースで多少の違いはあります。

 

というわけで、これからも忙しい時は惣菜や冷凍食品の力をかりて夕食時間を皆で楽しくかこみたいと思います。

 

Hosma

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中