ホストファミリーの毎日のスケジュールはどのようなものですか?

ホームステイ留学生がいてもいなくても、ホストファミリー側の基本的な日常生活に変わりはありません。むしろ、ホームステイ留学生がいる事により意識して毎日の生活スタイルを変化させるとホスト側が疲れてしまい「ホームステイ受入れはもうやめよう」という気持ちに繋がってしまう可能性もあります。 細く長くホームステイの子達を受入していく意識があるならばこそ!自分たちの生活スタイルをしっかりと保つ事は大事だと思います。

スケジュール (朝編)

ホームステイ留学生の子達が日本での活動が何か?(仕事なのか勉強なのか)によっても一日のスタートも異なります。企業のインターンなどで来日しているホームステイの子は日本企業が午前9時などのスタートなので朝7時位に起きてリビングにて朝食を摂っています。日本人とちょっと違うな、と感じるのはホームステイ留学生の出身国によっては、朝にシャワーをさっと10~15分で浴びる事です。朝シャンではなく、きっかり朝シャワーです。

日本の家庭にとっては夜と比べて朝の時間は忙しい時間ではないでしょうか?もしホームステイ留学生が朝にシャワーを浴びる事により洗面所が使えなくなる事が困る、などという場合には事前に「朝にシャワーを浴びる場合は何時から何時の15分以内位にしてね。他の人も洗面所を使うから」などとハウスルールとして話し合っておくと忙しい時間が重ならないのでオススメです。

仕事(インターン)などで来ているホームステイ留学生の場合は朝起床が多いですが、午後から始まるクラスの日本語学校に通っている学生などの場合は、お昼位に起きてくる事が多いです。ご飯は用意されている朝食を昼時に食べる、という形です。この場合はホストファミリー側は朝に自分たちの準備を済ませて仕事なりに出て、それからホームステイ留学生が活動を始める、という形なので朝の忙しい時間にそれぞれの活動が重なる事が少ないです。

日本に観光目的やバカンス、ヴァケーションなどできている方の場合は様々です。どこか遠くに行く予定がある日は朝まだ日が昇らないうちに起きてHosmaが用意しておいた朝食を自分で用意して食べて、ホストファミリー側が活動をし始めた時にはいないという事もあります。(そういう場合は事前に「どこどこに行く」などは聞いています)。

※以前、タイの子が我が家にホームステイに来た時は、「雪を見た事がないから新潟に行ってきます!」と言って早朝に出て、夜に帰宅したこともありました。

プチ遠出(旅行)などしない普段の日は少し遅めの10時~11時am位に起きてブランチがてら朝食を食べて、コーヒーや紅茶を飲んだりしてゆったりと過ごしているようです。あくせく動いているイメージはなく、日本でゆったりとした時間を過ごしにきている、感じを受けます。

スケジュール (夜編)

朝とは違い、夜ですが仕事(インターン)をしに来日しに来ている方でも、日本人の働き方のように働く方というのは少ないようです。仕事をする為に生きる、というより生きる為に仕事をする、定時を迎えたらきちんと仕事を切り上げる、という意識なようなので帰宅も他のバリバリ働く日本人会社員などより早い帰宅をし6時~7時位には帰宅します。

ホームステイの子が留学生の場合で朝のクラスに行く子、午後からクラスに行く子でも、その家の夕飯時までには帰宅する子がほとんどです。ちなみに我が家の夕飯時間はホスト側の仕事や残業等によりまちまちですが、基本夕飯時間は19時頃から20時位。そして我が家のホームステイ留学生達はその時間までには間に合うように帰宅してきます。

ご飯をちょっとゆっくり一緒に共にしている時は、ホストファミリー側が録画してある観たいTV・映画を流して一緒に見たり、日が浅いホームステイの方にはその子に質問責めをしてしまいますが、慣れてくると今日はどんな一日だったか?やある事象についてお互いの国の常識や文化からの見方について話しつつ日本語の会話の時を持ち、または時に子供向け「動きの言葉絵辞典」などを用いながら夕飯時日本語クラスを開催することもあります。

未成年の場合は日本の法律上ダメなので法令順守ですが、成人の方の場合は一緒にワインを開けて飲んだり、その方の国の特有のお酒を楽天さんにて発注して共に飲んだり、その時の夕飯に合わせてウイスキー、ジン、ビール、焼酎、日本酒などと合わせて夕飯+晩酌+談笑をすることもあります。翌日に影響ある程の飲みすぎはダメ絶対!でしょうけどもw、ある程度の飲みにケーションは海外の方であっても有効なのは実証済みです。

食事を終えたら、食器の片づけ、明日の準備、部屋のプチ整理などをしています。この間に、ホームステイ留学生が我が家のチビーズ(子供達)と一緒に遊びながら、長男から日本語を学んだり、または彼らの言葉を学んだりと生活しながら学び、遊ぶ時間になっていたりします。
食器の片づけ、洗い、明日の準備等をしているHospa,Hosmaとしてはこの時間、ホームステイの子達に感謝です(笑) ※中には食事が終わったらパッと自室に戻る子もいますので、その子その方によって対応、時間の過ごし方は違いますが、一例です。

我が家では小さいチビーズがいるので、諸々を済ませたらお風呂に入れて、基本21~22時には就寝時間(Futon time!)としています。できれば20時位には寝室にいかせて子供達を眠らせたいのですが、難しいですね。また時にホームステイ留学生との会話に花がどっかんドッカン咲いた時や、見たいTVなどが溜まっていて、一緒に見ている時などはこの時間が押してしまう事もありますのでこれはあくまで日常ですね。

こんな感じでホームステイ留学生との毎日の生活は過ぎていきます。我が家にステイしている子達とはいえ、特別扱いはせず、本当に家の家族の一メンバーのような形での生活です。そして、我が家では着飾ったメッキ風日本家庭を見せるのではなく、現在の素の日本家庭スタイルを見せています。
時に子供達が親の言う事を敢えて聞かない時などは、ホームステイ留学生の前で子供達を本気で叱る事もありますし、またいくら夫婦といえどもそれぞれの考えがあるので意見の相違もありますしHosmaともちょっとした口論もすることもあります。(喧嘩してもしょうがないので、我が家では未来の為の建設的な話し合い[口論]にしています。)生きていれば、疲れる事も大変な時も嫌になる時もありますし、毎日毎日笑顔でニコニコできる事ばかりでもないですからね。

またこの経験がきっと彼らにとっても良いと思うんですよね。上辺だけの日本ファミリーを見せられてもそれは一時的なもので本当の日常生活ではない気がしますし、きっと彼らも「本当の日本の実際の家庭生活」を体験したい、という気持ちをもって日本に飛び込んできているはずですから。私達も普通に生きながら、彼らの希望と期待に応えているとも思っています。

これが我が家のホストファミリースタイルと日常のホームステイ留学生とのスケジュールですが、今の所は「また日本にバカンスに行くから、いついつ泊まらせてもらえないですか?」「友達が日本に行きたいと言っているのだけど、Hospa宅を紹介させてもらえないですか?」と言ってくれる人がちらほら出てきており、嬉しい限りです。

各家庭によって生活の時間、スタイルは違うでしょうけども、ゲストではなく、ホームステイ留学生を受け入れるのに大事な事は自分たちの家のスタイルをしっかりと保つ事だと思います。気張らず、疲れすぎないように、自然体で生活を一緒にする、それがホームステイ留学生受け入れのコツの一つかもしれません。

Hospa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中