日本語しか話せないので、ホストファミリーをするのが心配です、って?

『心配無用ですよ。大丈夫です、なんとかなります!』というのが結論なのですが、一言でバッサリ切ってしまうとそれで終わってしまい、なぜなのか?という事が分からないまま終わってしまいます。

なので、実際にホストファミリーを行っている人間として、ここではなぜ大丈夫だと思うのか、どうしてできるのか、というのをもう少しばかり掘り下げてみようと思います。

義務教育で学んだ英語で大抵は対応可能
まず日本は高い識字率を誇りますし、中学校で英語を義務教育で学びます。日常生活におけるまだ日本語がつたないホームステイ留学生がいきなり小難しい論議や話題などをふっかけてくることはあまりありません。またこちらからも留学生に対して高度な会話をする必要もありません。

まず最初の話などは、日本での生活の仕方を教えてあげる事です。それらを日本語で話せば小細部までは伝わらなくとも、大方ホームステイ留学生達も真剣に耳を傾けていますので伝わります。それでもどうしても相手が分からないようであれば義務教育で学んだ英単語をポツポツと繋げて話すだけでも、理解が深まります。

例:お風呂で身体を洗う際は、浴槽部分ではなく、外側で洗ってね。

(wash out, no in)こんな言葉でも、浴室でもジェスチャーと共に実際に見せてあげたりすると、案外分かってくれますよ。

子育て経験があるかたは、『子供を育てた感覚と経験』が役立ちます。

子供に焦点をあてますが、我が家の子供達はまったくもって外国語を話せません。むしろ、日本語もまだ完璧には話せていません。それでも親は、日本語が完璧ではない子供達とも、相手が何を伝えようととしているかを汲み取れて、ほとんど問題なくコミュニケーションをとれていたりしますよね。

そして子供達もほとんど問題なく生活しています。また生活の中で相手の事を分かってくると、伝えようとしている意図の汲み取りもしやすくなってきます。ホームステイ留学生は、図体のでかくなった子供だと、そんな感覚で捉えられてみても良いかもしれません。

子育て経験のない若い方は柔軟性と適応力で対応!
子育て経験のある方ならメリットが強いですが、子育てした事のないファミリーだって柔軟性でホストファミリーになれます。対応力で乗り切れます。まったく問題ないです。

厚生労働省の人口実態調査2015年によると東京都における結婚平均年齢は32.4才(男性)30.5才(女性)のようですので、子育て経験がない若いファミリーとはこの頃合いと想定します。三十代前半でしたらまだ頭も固まり切っていってでしょうし、社会経験からある程度の問題処理能力と新しい人たちとの人間関係を築く対応力も備わっている事でしょう。

40代、50代のファミリーの成熟したファミリーとはまた異なり、三十代の若い感性で自身達が楽しいと感じるアクティビティを同じく留学生も楽しいと感じられる機会も多いかもしれません。そういう点でもメリットがあります。楽しむ気持ちで受け入れてあげてください。

我が家のシャイな性格Hosmaちゃんでもホストマザーが務まっています
最愛の我が妻、Hosmaちゃんをディスるつもりはまったくないのですが、一例として挙げると、Hosmaちゃんは大学で4年間、しっかりとある外国語を勉強してきました。ですが、彼女曰く、「勉強はしたけど話せない。まさか外国語を使う必要性が実際に生じるとは人生で思いもしなかった」と言う位です。それでもホームステイ留学生達と必要な会話は日本語でできています。極端な話、日本語を聞き、話す能力があれば会話は大丈夫かと経験上思います。

時にはgoogle先生の力を借りよう!

そもそも、ホームステイ留学生側に伝えたい事がある場合、彼らも電子辞書やら携帯デバイスを用いて必死に日本語を聞き、話そうとしてきます。日本語しか話せなくて心配するのは、むしろ日本語が話せなくて心配しているホームステイ留学生側の彼らです。

心配ではなく、愛情をもって温かいまなざしで日本語を教えてあげましょう。そして間違っている言葉を話した時には直してあげましょう。また何かあれば、偉大なgoogle先生に頼りましょう。
google 翻訳機能 https://translate.google.com/?hl=ja

さらなる助け手、lineアプリも役立ちます。
google先生と相性が悪い場合は、lineチューターもあなたのすぐ近くにいます。ホームステイ留学生の日本語能力とコミュ力次第では卓球やテニスのようにポンポンと会話のラリーが続くという訳ではないですが、翻訳機能を活用しながら少しづつ会話を重ねていけば、相互理解が深まるものです。

Line翻訳最強説:http://www.appbank.net/2016/11/16/iphone-application/1277345.php

結局、大切なのは踏み出す勇気に、ヤル気と愛情。
会話って話し手と聞き手の相互作用ですが、ホームステイ留学生サイドが日本語を話してくれますし、またコミュニケーションを助けるツールはいくつもあります。それでコミュニケーションは大丈夫といえば大丈夫なのですが、それらにも増して、いや根本にもって必要なのは言葉の壁を超えたヤル気と、バーバルをこえた部分にあるエモーショナルな愛情です。

これらがあれば日本語オンリー家庭だろうと、ホームステイ留学生と段々うまくやってゆけますよ。一歩踏み出してみれば、「日本語しか話せなくてもホストファミリーって大丈夫なんだ」って貴方が気づける日がきますように。

Hospa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中