長期ホームステイ者を受け入れる時の注意点

ホームステイの留学生を受け入れるにあたって、注意点や気を付けるべき点は色々とありますが、先日、我が家に1年以上ステイしているホームステイの子が、自国に一時帰国をして気づいた「長期ホームステイ者を受け入れる際の注意点」を書いておこうと思います。

以前、香港に仕事の関係で在住していた日本人奥様に聞いた話では、香港は高温多湿で湿気がすごく、ちょっと気を抜くと部屋がカビるらしいです。さらに窓の縁から水漏れなどもあるらしく、それって施工上どうなの?と思う部分もあるそうなのですがお国変われば文化もも常識も変わる、それが香港では一般的な事として、まぁ仕方ないよね範疇に入ってしまうそうです。

日本も高温多湿のお国柄ですし、密閉された空間で秋冬に加湿器なんか使って朝方見てみると壁や窓際に湿気がついっている事ってありますよね。そして定期的に窓を開けて室内の換気をしたり、埃がたまらないように掃除をしてれいれば良いのですが、ちょっとそれらを怠ると途端にカビが攻め始めてきます。

先日、1年以上我が家にステイしていたほぼ家族同然のフランスからのホームステイ者の子が
自国に一時帰国しました。妹の誕生日を祝うんだ!という事で日本の彼女を連れて帰国を兼ねた旅行に行き、また日本に嫁探しにきていたちょっとシャイな台湾男性も我が家でのステイ期間を終えて、新たな旅立ちをしました。

ホームステイ留学生達が我が家の部屋を使う際に「1週間に1度位は部屋の掃除をしてね」と伝えて、またハウスルールを記載した書面を渡してはあるものの、実際はまぁそんなに掃除はしてくれないですし、場合によっては換気などまったく気にせず窓やカーテンも開けていないような子達もいます。

今回の彼らの我が家出発によりベッドルームが一時的に空いたので、この機会に!とばかりに週末を用いてHosmaちゃんと徹底的に掃除をしました。まずはベッドの下などなのですが、埃、フケ、そして掃除機をかけてもとれない薄緑の埃があるのでなんだろ!?と思ってよくみると床にこびりついているのはカビで !!!(ノll゚Д゚llヽ)

またクローゼットに放置されている鞄にも一面のカビルンルン、ワッショイ状態。鳥肌モノでアルコールスプレーを用いながら徹底的に掃除してやりました。(`・ω・´)

別部屋ベッドルームのカーテンをみると、角部屋で日当たりが良い部屋のはずなのに!カーテンにはポツポツポツポツポツポツとこれまた緑&黒のカビが!! 仕方ないとカーテンを取り外し、Hosmaちゃんに浴室バスタブにブリーチ剤を入れてカーテンを漂白してもらいました。カビは漂白剤で落ちるのかなぁ、と心配でしたが結果はしっかりとブリーチはその役目をはたしてくれました。

長期滞在のホームステイの子達に、「一度ここが貴方の部屋ですよ。」と渡してしまうとそれからは部屋の詮索をするのも悪いですし、勝手に入室するのも気が引けるので、基本的にはその子に部屋の管理と掃除をお任せしています。

ショートステイの子達の場合には部屋が汚れる事はあっても、カビ大量発生事件が勃発した事はなかったのですが、今回の件で長期ステイ者の部屋などは定期的にホストファミリー側の方で部屋の掃除、換気などの管理をしてあげる必要があるな、と認識しました。でないと、折角の家が傷みます。(´;ω;`) 気を付けます。

今回の学び
その1. 定期的にでホスト側の責任でも部屋の掃除を行うこと!
その2. 部屋の換気をしてね、と注意喚起を促すこと!

Hospa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中